接客のプロフェッショナル|様々な仕事があるフードコーディネーターは資格取得が必須

接客のプロフェッショナル

マシンを使う人

最高の一杯を提供する

バリスタはコーヒーに関する知識を幅広く知り、お客様に最高の一杯を提供するコーヒーのプロフェッショナルのことです。日本ではバリスタと聞くとコーヒーを淹れる人というイメージがありますが、本来はお客様すべてに質の高いサービスを提供する接客のプロになります。イタリアではコーヒーを提供する他にもお酒類も提供します。また、立ち飲みのスタイルも多いためお客様との距離も近いため接客にも技術が求められます。現在ではバリスタの資格を持つ人は積極的にカフェやレストランに採用されます。バリスタでの経験を積み、独立を目指し、お店を持つようになれば経営の知識も必要になってきます。このためバリスタは高度な技術と知識が必要となります。

学び方は様々

バリスタになるためにはいくつかの方法があります。スクールで勉強する、お店などで修行をしたり、海外で修行するなどがあります。将来において、自分のお店を持ちたい場合では、接客、知識、経営など幅広く勉強をする必要があります。このことから多くの人はスクールに通って、基本の知識を覚えてからお店に入る場合が多いようです。バリスタのいる店舗に就職しスキルをアップして、自分自身の技術を上げ目標を目指すのが良い方法でしょう。しかし、バリスタの仕事もマニュアル化して決まったことしかできないお店も多いのでお店選びには注意も必要です。日本での一流のバリスタのほとんどは海外のお店で修行した人が多いといわれています。プロのバリスタの技術や考え方を学ぶには本場で経験を積むのが、目標への近道となるでしょう。